本文へジャンプ

国立公園ガイド

霧島屋久国立公園

写真:桜島
[桜島]

地図

屋久島は巨樹の島である。縄文杉などのヤクスギをはじめ、山麓の森で出合うツガなどにも、ほかではなかなか見ることのできない立派な木が多い。森林内に横たわる倒木やその上を覆って育つコケも、原生的な雰囲気を高めている。巨樹は、それ自体が人に畏敬の念を呼び起こす存在だが、巨樹を育んできたこの森には、何よりも静寂が、人の感覚を研ぎ澄まし、精神を思索へと誘う深い静寂がある。

密集した火山群・霧島

写真:韓国岳山頂付近から、高千穂(左奥)、新燃岳(右手奥)
[韓国岳山頂付近から、
 高千穂峰(左奥)、新燃岳(右手前)]

霧島火山群を中心に、桜島や指宿(いぶすき)などの錦江(きんこう)湾沿岸と、屋久島主要部を含む公園である。昭和9年に霧島地域が雲仙、瀬戸内海とともに霧島国立公園として指定され、39年に錦江湾国定公園を編入し、屋久島地域を追加指定して現在の名称になった。

霧島地域は、20座以上の山が集まった山塊である。最高峰韓国(からくに)岳(1,700m)、新燃(しんもえ)岳、高千穂峰(たかちほのみね)など、多くが円錐形の山体の頂きに丸い火口を持つ、いかにも火山らしい姿の山々である。これらのうち、新燃岳と高千穂峰の寄生火山御鉢は、過去にたびたび噴火している。また、大浪(おおなみの)池、御(み)池など火口湖も多い。一帯には自然林が広がり、高千穂峰にはミヤマキリシマの大群落がある。高千穂峰は、また天孫降臨(てんそんこうりん)伝説の地であり、山頂には天(あま)ノ逆鉾(さかほこ)が突き立っている。登山基地の高千穂河原には、かつて霧島神宮があったが、18世紀の噴火により焼失した。

この地区の利用拠点は、韓国岳北西に広がるえびの高原である。温泉があり、ススキの穂がえび色に染まるところからついた地名とされる。南西側の山麓には林田、丸尾などの霧島温泉郷がある。

錦江湾は北部の姶良(あいら)、湾口の阿多両カルデラと、それをつなぐ溝状の低地によってできた深い湾である。桜島(1,117m)は、姶良カルデラの南の縁に噴出した火山であり、3つの山体のうち南岳が今も盛んに活動している。もとは島であったが、大正3年の噴火の際の溶岩流により大隅(おおすみ)半島とつながった。

開聞(かいもん)岳(924m)は、海岸から立ち上がる円錐形の山で、足元には池田湖がある。指宿温泉はこの地域の利用の拠点である。

高温多雨に育まれた屋久島の森

写真:屋久島・宮之浦岳
[屋久島・宮之浦岳]

平成5年に世界自然遺産に登録された屋久島は、面積505km2のほぼ円形の島である。中央部には、九州最高峰の宮之浦岳(1,936m)をはじめ山岳が連なり、「洋上アルプス」とも呼ばれる。「月に35日雨が降る」といわれ、年間降水量が平地でも4,000mmに達する多雨地域であり、島全体が森林に覆われている。

植生は、海岸の一部にはマングローブやガジュマルなどの熱帯系殖物があるが、山麓は常緑広葉樹林帯、上部はこの島独特のスギ帯となる。スギのうち、樹齢1000年以上のものをヤクスギといい、巨樹に生長する。

屋久島は、江戸時代には島津藩が屋久島奉行を置いて、ヤクスギの伐採を行っていた。大正3年に発見されたウィルソン株は300〜400年前に伐採され、根株だけが腐らずに残っているもので、内部に祠(ほこら)が祀ってある。

昭和41年に発見された縄文杉は幹回り16m以上で、屋久島のシンボルのようになった。踏圧などによる影響を避けるため、そばには寄れない。ほかに大王杉、大和杉、紀元杉など、名前のついた巨樹が多い。

島内の探勝には、縄文杉を目指す大株歩道、渓谷が美しい白谷雲水(しらたにうんすい)峡、手軽に入れるヤクスギランドなどがある。また、島を一周する車道もあり、山上とは異なるアコウやガジュマルなどの植物や、千尋(せんぴろ)滝などを見ることができる。また、ともに固有亜種のヤクシカとヤクザルは多く、どこかで出合える可能性が高い。

アカウミガメ

写真:アカウミガメ

日本近海には5種のウミガメが見られるが、産卵に上陸するのは大部分がアカウミガメで、茨城県以南の、主に太平洋岸の砂浜で産卵する。

屋久島では、北西部の永田浜などが知られ、夏季多数が上陸産卵する。また、アオウミガメも少数だが産卵する。ウミガメ類は過剰な捕獲や産卵場所の消滅や環境悪化などの理由から、世界的にいずれも個体数が減少傾向にある。

※記事・写真等の無断転載を禁じます。

関連リンク



一覧へ戻る