本文へジャンプ

国立公園ガイド

陸中海岸国立公園

写真:北山崎
[北山崎]

地図

陸中海岸は、「海のアルプス」といわれる。荒々しく切り立った断崖が太平洋の波濤と向き合う姿には、高山にそびえ立つ岩稜との視覚的な類似が確かにある。だが、それ以上に、両者には大いなる存在としての自然や、ガイア、つまり統合された有機体としての地球を感じさせるという点で、より共通するものがある。その前に立てば、人は謙虚にならざるを得ない、そんな力を持つ自然である。

南北180kmに及ぶ海岸公園

写真:碁石海岸
[碁石海岸]

岩手県北部から宮城県北部まで、南北180kmにわたる長大な海岸公園である。昭和30年に国立公園に指定され、39年に釜石以南を、46年に久慈(くじ)地域を追加している。

公園内の海岸は、宮古市付近を境にして北部は隆起海岸で、海岸段丘が発達する。海岸線は出入りが少なく比較的単調だが、海食崖が続く。特に黒崎から北山崎にかけては、延長8kmにわたって高いところでは200mに達する断崖が連続し、豪快な景観をつくっている。そのほか、鵜の巣断崖などが代表的なものである。

一方、南部は沈水海岸で、深い湾入と岬や半島の張り出しが複雑に繰り返されるが、外に面した船越半島には赤平金剛(あかびらこんごう)などの大規模な海食崖が見られる。

海岸に島嶼(とうしょ)は少ないが、岩礁は多く、層理の鮮やかな三王岩をはじめ各所に洞門や潮吹き岩などの奇観をつくる。宮古の浄土ヶ浜は、海食を受けた小さな半島が白砂の浜と向き合い、この公園随一の利用地点となっている。南部の碁石(ごいし)海岸は黒色の玉石が敷きつめられていることからこの名がある。付近の海岸には、穴通磯(あなとおしいそ)、垂水浜などの景勝がある。ここより南は、再び段丘が発達し、北部ほど高くはないが海食崖が見られる。

写真:三王岩
[三王岩]

陸前高田市の気仙川河口には、砂浜の背後にアカマツとクロマツが混生する高田松原がある。もとは砂防のために17世紀に植えられたものである。唐桑(からくわ)半島には海食洞や折石など奇岩が多い巨釜半造(おおがまはんぞう)がある。

気仙沼大島はこの公園最大の島であり、また、唯一の有人島である。島内の亀山は山頂からの展望がよく、東岸には鳴き砂の十八鳴(くぐなり)浜などがあり、利用施設も多い。

寒流と暖流が接する地域であるため、植生には変化が多い。海岸林の主体はアカマツだが、南部ではクロマツも生育している。また、タブノキ、トベラなど、この地域を分布の北限とする植物がある。一方、本州中部では亜高山帯上部に育つハクサンシャクナゲが、北山崎に見られる。

沿岸には釜石市の三貫(さんがん)島、宮古市の日出(ひで)島など、ウミネコやウミツバメ類、その他の海鳥の繁殖地も多い。また、冬季はオジロワシやオオワシも渡来する。

海の恵みと災い

写真:浄土ヶ浜
[浄土ヶ浜]

この沿岸に沿って、国道45号線と三陸鉄道(北リアス線、南リアス線)が走っており、主な探勝地にはこれらを利用して比較的容易に行くことができる。また、浄土ヶ浜、気仙沼湾などは観光船もあり、海上から海岸の景観を観賞することもできる。

この公園の沿岸一帯は、日本有数の漁場である。それだけにこの地域には久慈、宮古、釜石などの重要港湾(公園区域からは除外)のほか、大小の漁港が多い。また、昔から繰り返し津波による被害を受けている地域でもあり、集落周辺には大規模な防潮堤も築かれている。これらはもちろん国立公園としての興味対象ではないが、あるいは海岸風景の添景として、また公園内を移動の際に必然的に目に入るものであり、海と向き合って生きる人々の生活の一端をうかがうことができる。

※記事・写真等の無断転載を禁じます。

関連リンク



一覧へ戻る